シンディ・ストンリバー。都内の大学生。マスター・ベーBSと書いて「ひとりBBS」と読む。


by shinji717

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0087706_539711.jpg


昨日TOEICを終え、今日はSwedish FilmのグループディスカッションとSwedish Social Policyのレポート。
Filmでは、休憩時間に、顔と喋り方からいい人オーラがにじみ出ている先生と話をした。
「君がトピックに選んだ映画は間違いなく難しいと思うよ。」
そりゃあそうだ。
だって今日もディスカッションであらすじを説明したけど、Belgiumのクラスメートに「ほんとに映画見たの?」ってツッコまれたもの。
まぁ、俺のまずい英語スキルが原因ってのも否めないけど。

今日で11月も終わり。
日本時間ではもう12月になって、早い人はもう起きている頃だね。
せっかく「今西暦何年だっけ?」って聞かなくてすむようになった頃にはもう12月になっちゃうなぁ。毎年。
来年の僕、何をしていますか?


Narrowな心には日本から送られてきたお茶漬けがよい。
I Love お茶漬け。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-30 21:37 | スウェーデン留学記

TOEIC受けた

c0087706_4391026.jpg


Copenhagenに行って、TOEICを受けてきた。
担当だったPeterさんは、思ったよりおじさんだったけど、おもったよりダンディーで素敵な人だった。
テスト前に、「実はこれが3回目の試験官なんだ。」って言ってた。
「だから不慣れなトコは許してくれ」って。

テストはあんまり上手くいかなかった。
日本で今行われてるTOEICとこっちのはちょっと形式が違う。
慣れが必要かな。

で、Peterさんに終わってからそのことを話したら、
「それはそれでいいんじゃないか?シンジ。僕は、シンジが期待してたようなスコアを取れなくても、その方がいいとさえ思ってるよ。英語のモチベーションにもなるしね」だってさ。

確かに。

Copenの街はクリスマスに向けてライトアップされていた。
綺麗だ。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-30 20:37 | スウェーデン留学記

あした

c0087706_223272.jpg


明日、Copenhagenまで遠征してTOEICを受けてきます。
今夜はきっと勉強するか早寝するかなので、今のうちに日記をUP。

昨日、英語で同じクラスのAlexに日本の就活の仕組みを説明しました。
自己啓発セミナーやらなにやらで、いまや「就活」はビジネスになってるよ、って言ったら、Unbelievableだって言ってた。確かに日本だけなんだろうな。
あと、先週、黒いコットンパンツ履いて、黒いジャケット着てったら、彼は俺を「Ninjya!」と言っていた。なかなか面白いこというなぁ。

Lundの留学生の半分を占めていたんじゃないかっていう、Californianもあと3週間くらいで留学を終え帰国してしまう。なんだかんだで寂しいものだ。

それにしても、Lundにはいつ冬がやってくるんだろう。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-28 14:24 | スウェーデン留学記

あたたかい月

c0087706_8242686.jpg


8時に起きて、10時くらいから勉強して、12時くらいから学校行った。
昨日、Swedish Filmのレポートを全力で完成させたので、それを図書館で印刷して、文学部の受付に提出。

俺「これ提出したいんですけど。」
受付のオバサン「…?何の授業??」
俺「Swedish Film。」
受「先生の名前は?」
俺「忘れました。」
受「本当にここに出せって言われたの?」
俺「前回のはここでした。」
受「締め切りはいつ?」
俺「明日です。」
受「そう。まあ、預かりますよ。」

本当に先生に渡してくれるのだろうか。不安であるが、どうでもよい。

お昼にベンチで口おっきくしてケバブ食ってるのを、コーディネーターのPiaに見つかった。
クスッて笑われた。ショック…。

Swedish Social Policyの授業中。
授業はWelfareStatesの危機について、お涙頂戴クライマックスの場面。
俺はぼんやりと、自分の近い将来の危機について考えていた。
どうしよう。


今日の写真は今朝の霧の様子。
視界10mくらいだったよw
[PR]
by shinji717 | 2006-11-28 00:20 | スウェーデン留学記
c0087706_4442444.jpg


稲穂キッカーズ新関東リーグ2連覇。
去年優勝を決めたのも今日だった。
嬉しいなぁ。おめでとうなぁ。

最近夜あんまり眠れなくて、昨日は布団に入って本読んでふがふがして、それでも眠れんくて、ふと日本で使ってたドコモの携帯を取り出してみた。
メールを読む。
こっちに来る直前、いろんな人から激励のメールをもらった。
電話ももらった。
全部携帯に入ってる。つらくなったらいつでも読み返せる。今のところそんなこともないけど。
携帯で撮った写真。東京の街、早稲田、人。
アドレス帳。長らく連絡を取っていない友達。
帰ったら上手く話せるだろうか。

夕飯に野菜をことこと煮込んで野菜スープを作った。
おいしい。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-26 20:43 | スウェーデン留学記

灰皿の上 

c0087706_453649.jpg


なんか今日一日で2年間くらい生きた気分。

午前9時起床。
午前10時、買い物とレポートの題材のビデオを返却しに街へ。
正午前に帰宅。
Swe語の宿題をして、お昼ご飯。
午後1時過ぎに、ゼミのOB会に出席してる方々と電話。
えりこさん、さやかさん、みよさん、その節はどうもです。
それからレポートをみっちりこなし、目標分量の半分を書いたところで切り上げ。
ついで来週水曜日のTOEICに向けて勉強。
夕飯に炊き込みご飯を作ったりしつつ、今までやってました。
眠い。
今からシャワー浴びて、レポートちょっとやって寝ようと思うよ。
明日は早起きして洗濯しなきゃなんだ。


明日は、俺のサークル、稲穂キッカーズが関東リーグの連覇を目指して最終戦に臨む。
メインは3年生以下なんだけど、同期も結構出場しているようだ。
本当、頑張って優勝してきてほしいなぁ。
勝って、東西対抗戦の出場権をとってきて、また日本一になってほしい。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-25 20:45 | スウェーデン留学記
c0087706_8454234.jpg


街はクリスマス模様なのに、一向に冬が進行する気配は無い。
11月1日以降、雪は降ってないし、今日の最低気温に至っては東京以下だ。
Swe人のみんなには「こんなに暖かい冬にこれてよかったね」て言われるけど、なんだかなぁ。


今から気持ち悪いこといいます。

最近勉強が楽しいです。

なんで日本の教授ってこんなにおもしろい授業ができないわけ??
いや、もちろん俺が日本に居たときよりも意欲的に授業聴いてるってこともあるんだろうけど。

Swedish Social Policyって授業で経済格差について習った。
Gini係数っていう、経済学的なデータがあるんだけど、これは0~1のレンジで相対的格差を測るツール。傾向としては社会民主主義国が最も低く、資本主義でも社会福祉が市場に基づくに連れて、高くなる。デンマークが0.21。スウェーデンは0.23くらい。日本は0.31で、アメリカが0.37くらい。
で、先進国中、どういう国がこの数値が高いかっていうと、実は平等な所得再分配を標榜しているはずの共産主義国や旧共産主義国ほど、Gini係数が高い(=格差が大きい)っていう皮肉。
中国0.45。ロシア0.46。中国なんかは上海や香港なんかの国際的ビジネス都市と農村部じゃあかなり差がありそうだしね。ちなみに、実は北京市内だけでも所得格差が激しいらしい。
この数値が0.5を越えると、政治的革命の危険性がぐぐって高くなるらしい。なるほど。

就活の準備をやり始めてからなんだけど、改めて経済って面白いなぁって思う。
年功序列がまかり通る現状で少子高齢化社会をどうやって支えていくか、なんてのは「経済社会学」ってフィールドを設けて研究したら面白いと思うんだけど。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-25 00:39 | スウェーデン留学記

Show Me Love!

c0087706_7443884.jpg


夕方に街のでかい広場に行ったら、クリスマスツリー出現。
あと、H&Mっていうこっちのユニクロ的なところにいったら、もうクリスマス期間の営業時間についての案内が貼ってあった。気が早いってばw
そんなわけで、今街はとっても綺麗です。


『Show Me Love』。
オススメのSweden映画です。今日授業で見た。
内容は思春期っぽい感じ。
描写がSweっぽいw
日本でも貸し出しとかしてるのかな??

夜のEnglish Course。
今日の受講生は俺だけだったので、陽気なAnue先生とマンツーマン英会話。
Anue先生は陽気だけど、毒舌でつっこみが厳しいです。
今日も日本食の話をしてたら、RとLの発音について…

俺「ロウ・フィッシュ(raw fish=生魚)…」
A「ノー!Legal Fishって何?Low(=legal=法律の)じゃなくて、Raw!」
俺「ろ、ロウ・フィッシュ…?」
A「ノー!!」
俺「ろ、ろ、raw fish…?」
A「うん、ちょっと良くなった。もう一回言ってみな」
俺「ろろろ、ロウ・フィッシュ??」
A「ノー!!!それとも日本には法律サカナってのが居るの!?」

って感じw
結局、宿題になりました。
帰り道、ひたすら呪文のように「ロウ・フィッシュ、ロックン・ロール、ルール、ロウ・フィッシュ、ロックンロール・ルール…」って繰り返しながら自転車に乗っている俺はかなり怪しく、昨日のように警官がたっていたら間違いなく逮捕されていたでしょうw
[PR]
by shinji717 | 2006-11-23 23:42 | スウェーデン留学記

学校帰りの出来事

c0087706_5352045.jpg


夜8時。
Swe語の授業が終わって、ショーン・オスカー氏を自転車の荷台に乗っけて二人乗りで帰って来た。

途中、物陰に人影を発見。

俺「ポリスだ!!!」
ショーン氏「♪~」←聞こえてない。

俺は突破をこころみたが、あえなく発見された。
こっちの警官って、口笛で通行人を止めるんだよ。
映画みたいでカッコええ。

っていう話はおいておいて。
警官に止められ、呼ばれた俺とショーン氏。

警「+*}!"'(%#}~=)'{!!??」
俺「…?」
シ「…?」
状況に気付く警官。
警「Swedish or English?」
二人「English!!!」

どうゆうことかって言うとね、
警「自転車一台に何人まで乗るのが許されてる?」
俺「…1??」
警「その通りだ。じゃあ今から歩いて帰りたまえ。(半笑い)」
二人「ごめんなさいw(半笑い)」

ってわけでお咎めなしで釈放w
ちゃんとライトもつけてたしね。

それにしてもどこの国でもネズミ捕りなんて姑息なことやるんだな、警察はw
多分、本来の取締りの目的は無灯火だったんだろうけどw
僕らはネズミ捕りに引っかかった猿です。

警官が優しくてよかったw
London Heathrowの警官なんて、ちょっと怪しい動きしたら射殺されるんじゃないかってくらいだったものw
[PR]
by shinji717 | 2006-11-23 05:45 | スウェーデン留学記

S.O.S(Sound of Swedish life)

c0087706_504359.jpg


Lundの空は今日も雲がいっぱいで雨が降っています。

昨今の日本での小中高生の自殺増加。
なんだか切ないですね。
あんなに華があって、何をしても楽しい時期を経験せずに命を絶つなんてね。

小学校も中学校も真っ当な生活をしてたもんだから、中学3年の後半くらいに「高校に入ったら絶対馬鹿なことばっかりしてやろう」って決めた。
で、高校デビューって言われたく無いから、頃合いを見計らってだんだん眉毛とかも抜きまくって、ダッボダボのズボン履いて、制服の裏ボタンにチャラチャラしたチェーンとか付けて、散々無理してバカになった。
高2のときも高3のときも、何をやっても楽しすぎたし、自堕落なのが自分のアイデンティティだと思ってたし。
でもあるときに、段々自分のコミュニティ以外のだれも相手にしてくれなくなってきて、内省して、そろそろまともになろうとしたら、もう昔のようにはまともになれないことに気付いてしまった。
そして行き着いた先が今の俺。

中学1年のとき、あるクラスメートが居た。
寡黙な彼だったが、俺が学級委員だったからか、俺にはよく色んな話をしてくれた。
ある日、彼は先生に怒られた後、トイレに俺と二人だけで居るときに、「悔しい」って言って泣いた。
俺は何がなんだか何て声を掛けたらいいかも分からず、「次頑張ればいいじゃん」って言った。
でも彼はできなかった。
それから一ヵ月もしないうちに彼は死んだ。
交通事故だった。
今でも命日らへんに彼の家に行く。
彼の遺影はずっと中学生のまま。
遺影の前の俺だけが、まともになったりバカになったりって変わっていく。

某知事が先日、「甘ったれるな」とか「ファイティングスピリッツが無いやつはどんどんいじめられるに決まってる」とか言ったらしい。
でも、俺ならそうは言わないな。

ドンケツでもいいし、恥ずかしいカッコつけ方してたのもいいし、工業高校の先輩にボコボコにされるのもいいから、ヘラヘラしてたい。

閑話休題。
もちろんそれができないから「死」を選ぶんだろうけど、彼らはもっと不真面目になって、つらかったら学校行かない、さぼってやる、って位のことが出来たら、そんなに死に急ぐこともなかったんじゃないかなぁって思う。
自分の近くの人が、例えば将来の自分の子供とかが、そんな状況になったとしたら、なんて声を掛けてあげるのがいいんだろうか。

頭カチカチでマジメで徹底主義で完璧主義だった俺は、いつの間にか、なあなあで自堕落で「逃げるが勝ち」的不真面目さを兼ねそろえた自分を手に入れた。
それはやっぱり、眉毛が無くて、ズボンを腰で履いてて、チェーンで重くなった制服を着てたあの時期があったからかなぁって思うんだ。
そして、クラスメートから教わったこと。生きてることを無駄にしてはいけない!



Peterさんからメールが来て、「別にテストの代金は当日現地払いでもいいよ。僕はシンジが来ることを信じているから。」だってさ。
ありがとう。
[PR]
by shinji717 | 2006-11-21 20:54 | スウェーデン留学記